Automotive Services with tata elxsi

自動車向けエンジニアリング

コネクテッド |自律 | インテリジェント

タタエレクシーは自動車メーカーと部品サプライヤーに向けて製品ライフサイクルの各段階における研究開発サービスをカスタマイズして提供しています。自動車メーカー、部品サプライヤー、設計ツール会社、半導体メーカーと共同で実施した20年以上の業務経験のおかげで、弊社は製品システム全体とサブシステム設計の企業様と良好な関係を築いています。


提供サービス


  • 組み込み設計と AUTOSAR 開発
  • モデルベース設計
  • 機能安全対応
  • デジタル技術
  • HMIデザイン
  • ハードウェアの設計開発
  • 検証と確認
  • ASPICE とプロセスコンサルト
  • メカニカル設計
  • システムエンジニアリング

Image

 
ASPICE OML-5、CL-3 認証取得済 | 2008からAUTOSAR PREMIUM メンバー | ISO 27001:2013 | ISO 9001:2015

 

Image

コネクテッド

 

Image

自律 走行

 

Image

シェアリング

 

Image

電動化

C.A.S.E.車両が世の中に普及しつつある中、タタエレクシーは自動車メーカー、サプライヤーと技術会社に対し顧客のビジョンを具現化するためのコネクティビティー、コネクテッド・ビークルプラットフォーム、V2X、L3/L4/L5自動運転、ADASとアクティブ・セーフティ、カーシェアリング、インテリジェント輸送システム、人工知能とデータ解析、電動化及び電動車向けなどの研究開発を、最先端の開発ラボと試験施設、革新的なソリューションとグローバルなパートナーシップをもとに提供しています。

 

ユーザーエクスペリエンスのデザイン

使いやすく、安全で直感的な体験


次世代乗員体験
  • デザイン思考とソリューション指向のワークショップを実施し、進化するトレンドを把握、ユーザーの新しい期待を形成
  • 運転手/乗員の接点を特定して、人間中心のソリューションを作り出す
  • 情報性のあるADAS、AIを活用した運転手支援

デジタルダッシュボード: 車内インターフェースの再思考
  • 開発技術と連動した使いやすさ体験の戦略化
  • 運転手の操作を容易にするための多感覚対話(音声認識、タッチ、ジェスチャーなど)の同期
  • 車載インターフェース用の直感的で洗練されたUIデザインにより、運転手の注意散漫を最小限に抑えます(クラスター、インフォテインメントとHUD)

ユーザー中心のコネクテッドカーエコシステムを形成
  • 全体的な操作とフィードバックの流れを視覚化して、カスタマージャーニーマップをデザインおよび開発します。
  • ユーザーが共感できる簡素化された対話フローを設計
  • 自動運転L4車で制御をシームレスに移行できるように独自の操作をデザイン

Image


インフォテイメント

コネクテッド、ユーザーフレンドリー


Image
市場ニーズに対応
リソースを共有、部品を削減し関連コストを節約するためのECUの一体化
  • e-Cockpit: 内蔵インフォテインメント、メータークラスター、ヘッドアップディスプレーとADAS機能を単体SoC上に実現した設計能力デモンストレーション
  • Android/ QNX / Linux実装とカスタム化 OTA機能開発、移植と統合化
  • Androidバージョンリリース前の早期アクセス

運転手の注意を散漫にしないマルチ画面とマルチモダルのデジタルエクスペリエンスを提供
  • UI UXデザインと開発
  • メータークラスターとヘッドユニットの3D/ 2D 可視化
  • マルチモダルインターフェース:ジェスチャー制御、音声認識
  • ヘッドアップディスプレーの拡張現実体験
   

V2X対応

コネクテッド、安全


Image

市場ニーズに対応
ドライバーアシストとより安全な移動のためのV2Xアプリケーションが必要となる未来の都市モビリティとインテリジェントな道路交通システム
  • V2Xアプリケーションの機能開発
  • 電波種類に依存しないV2Xアプリケーションフレームワーク
  • スタックと機能をカスタムハードウェアに移植
  • クラウド・ビッグデータ・フレームワーク–:データ収集と分析
  • 車両レベル統合化
  • HMI開発
  • サイバーセキュリティー解析
  • 5Gベースの開発

実際の道路で複雑な用途の機能確認
  • 実世界でのV2Xエミュレーターを実験室内で再現することにより、V2X ECUとAR-V2Xをテスト可能にしたコスト効果的なフィールド試験の具現化
  • 機能性、性能、セキュリティ観点の試験が実行可能な拡張性のあるテストシステム
  • シビル攻撃に対するセキュリティテスト、経過時間証明書、データ再生、データ変更とGNSSなりすまし
  • 車両50台までの高速道路と交通混雑シナリオでの負荷テストを実現
     

ADAS, AS とAD エンジニアリング・サービス

知覚、統合、検証


市場ニーズに対応
包括的な機能満載と多種多様なADASプラットフォームのニーズ
  • 多様なプラットフォーム上でのADASフレームワークの設計、開発と最適化
  • HMIとグラフィックスオーバーレイの経験
  • AUTOSAR準拠/AUTOSAR非準拠開発、統合化と検証
  • 即時展開可能なADASアルゴリズム、HILSシミュレーションと車両レベルのV2Xテストフレームワーク

先進安全機能を備えたドライバーモニタリングソリューションの迅速な統合
  • 360度サラウンドビュー・システム、リアビュー・アシストシステム、カメラ監視と その他の付加機能
  • 機能安全ISO 26262 に準拠した開発と検証

人工知能と機械学習を活用した先進的な車両知覚システム
  • Autosens 銀賞を受賞したAR-V2X 検証ソリューション
  • AI を活用した先進的なDMS ソリューション:視線、頭の姿勢、眠気、閉眼
  • 「autonomai」AD向けのAIベースミドルウェアプラットフォーム
  • 画像処理とセンサー融合

Image

       

デジタルサービス

データサイエンス、機械学習と新技術を活用した優れた運用、ユーザーエクスペリエンスの向上と新しい収入源にフォーカスしたデジタル変革


Image
市場ニーズに対応
  • マシンビジョンとニューラルネットワークを使用したメディアワークフローの自動化
  • AIに基づいたデータアノテーションとデータ拡張を使用した自動運転用の学習用データ生成の加速化
  • モビリティーソリューションを改良するテレメトリーデータの活用
  • UBS II ITS仕様を達成するための高度に統合化された高性能プラットフォーム
  • エッジAIベースの運転手監視システムによる、さらに安全な道路と運転手との連携

HMIデザイン

設計I 開発I 実装


人間工学を考慮して運転体験を向上
  • 乗員、車両、技術間の相互作用がシームレスであることを保証するデジタルおよび認知人間工学分析
  • 完全なUX / UIサービスを備えた直感的なインフォテイメントおよびメータークラスターインターフェイス設計
  • 試作による使いやすさの実体験
Image

モデルベースシステムエンジニアリング

可視化| 連携 | 流用


Image

市場ニーズに対応
先進的で複雑な機能の市販化までの時間を短縮
  • MBSE(モデルベースシステムエンジニアリング)によって複雑な機能を容易に論理分析
  • モデリング段階での要件の仮想検証により後段で発生するやり直し作業を最大60%削減
  • チーム・技術者間のミスコミュニケーションで発生する不良を40%まで削減

運用性の改善
  • 全体的な生産性向上のために、ドキュメント中心のアプローチからモデル中心のアプローチに移行 (例えば部品担当者全員が共通のSysMLモデリング言語を経てお互いにコミュニケーションを取ります。)
  • MBSEモデルは、モデルインターフェイスが互換性を保証するため、統合段階での工数を削減します。
  • SoAと集中アーキテクチャーを実現するために車両全体の動作とインタラクションを単体モデルに格納する必要があります。

生産性改善に向けた流用性
  • MBSE モデルが容易に流用可能(例えば自動車メーカー向けに作った35の ADAS 機能モデルを20MY以降流用)
  • 展開加速化のためのベストプラクティス、チェックリストとガイドラインを保有
  • Rhapsody、 Magicdraw、Enterprise architect、PREEvision等のツールを使用してMBSE手法を活用したプロジェクトを実施
   

モデルベース設計


提供サービス
自動コード生成
  • コードの生成と統合化
  • モデルの最適化
  • 規格準拠
  • 量産コードの適用を確認するためのモデル試験

制御アルゴリズムの開発
  • アルゴリズムの改良と検証
  • 浮動小数点モデル
  • MATLABベース設計

プラントモデル化
  • コントローラー確認用のプラントモデル
  • コントローラー向けに目的を限定したコード生成
  • コントローラーコードとプラントモデルの統合試験
既存のコードをモデルに変換(リバースエンジニアリング)
  • 生成したコードを手書きのソフトウェアに統合(既存や特定な機能)
  • 既存コンポーネントの段階的な移植
  • 既存コードをモデルベースコードに変換
  • モデルベース設計に移植するためのツールチェインと自動化ツールの開発

AUTOSAR開発
  • SimulinkモデルからAUTOSARに準拠した自動コードの生成
  • SWCモデル化
  • RTE生成

モデルベース試験
  • MIL、 SIL、PIL
  • MATLABモデルと既存のコードを比較したテスト

AUTOSARエンジニアリング

開発、設定、統合と維持


市場ニーズに対応
自動車メーカーをまたいだモジュールの再利用性と交換性のためのECU内/外通信とその標準化の必要性、多様な自動車メーカーのソフトウェア要求を満足するモジュール・コンフィグレーションの設計
  • Vector、 EB、 Mentor等の製品を使った豊富な経験
  • AUTOSARクラシックとアダプティブの実装経験

高度に自動化した運転、Car2X、ソフトウェアのOTA更新、またIoTの一部となった車両の次世代ECU用ソフトウェアプラットフォームの新たな要件
  • BSW/ アプリケーションソフトウェアコンポーネントの開発
  • BSWを他のアプリケーションに統合
  • テストと検証
  • MCALサービス:開発、評価とメンテナンス
  • ツール開発サービス
  • カスタム (ハイブリッド/ AUTOSAR非準拠) 開発
  • メンテナンスとサポート

Image

   

ハードウェア設計と開発


Image
提供サービス:
システムアーキテクチャの定義と製品要求仕様の定義
  • プロセッサ選定とベンチマーキング
  • コンセプト実証 (PoC)開発
  • 製品システム要求仕様書の作成

車載ECUのハードウェア解析、設計と開発
  • DFMEA/ DRBFM分析
  • FTA分析
  • 最悪ケースの回路分析
  • アナログ、デジタルの混合信号回路設計
  • FPGAに基づいたハードウェア設計
  • 回路設計
  • PCBレイアウト設計

試作品作成
バリュー分析、バリュー・エンジニアリング

機能安全に関するサービス

セキュアー| 安全| 信頼性


市場ニーズに対応
自動車業界の自動運転車でゼロ死亡者を目指す「ビジョンゼロ」プログラム
  • ASIL-Dに準拠した量産プログラムの経験

車両内の安全性が重要な部品の増加
  • ISO26262に準拠したハードウェアとソフトウェアの設計開発
  • ISO26262に準拠するための既存ソフトウェアの再エンジニアリングと書類作成
  • 安全テスト項目の作成、ハードウェア、ソフトウェア、HILSと車両レベルの安全試験

乗員の安全とセキュリティーを保証
  • クロスドメイン機能安全の経験
  • 自動車、航空宇宙、鉄道、医療規格に対応
  • TEqualite (QMS) がIEC 61508、DO-178C、DO-254、CENELEC- EN 50126/ 50128/ 50129の規格に準拠

Image

   

自動車向けデザインとエンジニアリング

エンジン車とEV車のコンセプト、スタイリング、デザイン、ボディーとシャシーエンジニアリング、パワートレインの卓越センターを保有、 乗用車と商用車向けのワイヤーハーネスデザイン


Image
性能ゴールの改善
  • デザイン上の課題を乗り越えてバッテリー寿命、電動ユニット、エンジンの小型化とその他の車両システムの効率を改善
  • アイディア創出から製品の具現化までのターンキーデザインソリューション

市販化までの時間を短縮
  • サプライヤーを早期に特定、選定して商品とプログラム管理サービスの所要時間を改善
  • 自動化を含めた適切にデザイン、定義したワークフローで効率改善

管理費を削減して収益を改善
  • 購入プロセスを合理化してジャストインタイムの配送を実現し、在庫を最小限に抑えてコストを削減
  • サプライヤーを統合し1社当たりの発注量を増やしてコストを削減

可視化

フィジタル体験


遠隔地からコラボレーション
  • OculusとHoloLensベースの没入型アプリにより、グローバルチームが同僚とリモートでやり取りし、プロジェクトのアイデアや進捗を共有し、3Dモデルについて話し合い、仮想会議をセットアップします。

オペレーショナルエクセレンス、改善した生産性と安全性で業務変革をもたらします
  • 研修コンテンツ、シミュレーションとデジタルツイン
  • 没入型学習の導入(研修と育成プログラム)

製品マーケティング、設計仕様決定を迅速化し、より高品質の最終製品を提供する
  • Unity、 Visual Studio、 Vuforiaなどのツールで360°の視点を作り出し、製品を可視化
  • 対話式デジタルパンフレット、仮想ショールーム用のARアプリ
  • コンテンツ作成- 3Dの広告、 動画、アニメーション

Image


検証と確認

タタエレクシーはテスト項目作成、テスト自動化、テスト実行、不具合解析、テスト管理ツール、検証プロセスの自動化、 ASPICE プロセスの準拠、サードパーティー・プラットフォームとツールの統合化、カスタムテストラックと治具作成のサービスを提供しています。


 
システム挙動モデル開発

統合化と車両テスト

テスト自動化と ソリューション
Image

 
ハードウェア・イン・ループ・シミュレーション

実験の設計と実行

診断と機能性確認

車載システムテストの 15年以上の 経験

全車両ドメインに渡るソフトウェア試験から車両テストまでの包括的な試験
システム(部品HILS、システムHILS、ラボ・カー、車両試験)の 8年間以上の経験


ハードウェア・イン・ループ・シミュレーション

タタエレクシーはハードウェアとソフトウェアHILSの要件定義、ベンダー選定、設置、展開(ハードウェアとソフトウェア)、受け入れレポートの作成、テストフレームワーク設計(ハードウェアとソフトウェアアーキテクチャー)、システム統合化、DUT開発と機器特定のライブラリ、ラピッド・コントロール・プロトタイプ、プラントモデル開発、HILシステムの使い易いインターフェース設計、テスト項目作成とテスト自動化、機能性と診断試験のサポートを提供しています。


部品単体 HILS

Image

システム HILS

Image

車両HILS

Image

ネットワークHILS

Image

HILS システム
45案件 以上の設計開発実績

テストケース
100万件
以上の作成と実行
AI を活用したテスト項目作成と選択 EV/ HEVのテストを サービスとして提供
for EV/ HEV

車両プログラム12件
以上を担当


eMobility HILS フレームワーク

アジャイル、拡張可能、流用可能


Image

市場ニーズに対応

テスト対象デバイスのプラグインから完全機能を備えたハードウェア・イン・ループ・シミュレーションまで検証可能な実験室ベースのフレームワーク

構築したHILSを再活用することで40~50%までコスト削減可能
    即時に使用可能な部品:
  • 車両監視制御
  • オンボード充電モジュール
  • DC-DCコンバーター
  • 電池パック
  • BMS
  • インバーター
  • モーター制御ユニット
  • モーター
  • AD/ADASドメインコントローラー
  • 使用量のみ請求
  • 既に作成済みのテストケースを内蔵した自社開発のテスト自動化フレームワーク

計画と実施の専門家によるアドバイスとテストサービス テストシナリオの完全性
  • 機能性試験
  • 診断試験
  • 運転シナリオ
  • 規格確認
  • 性能評価
  • ドライブサイクル
  • レンジ確認
  • 電子的互換性
  • ネットワーク試験
  • 負荷試験
部品レベル、システムレベル、車両レベル検証に拡張可能
   

V-Drive (自動運転シミュレーション環境)

費用対効果の高い、現実的、カスタマイズ可能


市場ニーズに対応
自動運転・ADASアルゴリズムの検証に必要な実世界データへの依存性を軽減
  • 環境とセンサーの包括的な物理シミュレーション
  • ゲーミング技術を生かしたフォトリアリスティックな動的シーンの描画

  • 開発コストと期間を短縮
  • IPG Carmaker と VIRES VTD 等の仮想的検証ソリューションと比較して大幅に廉価なソリューション
  • 使いやすいGUIによりテスト項目を高速に作成し実行可能
  • AIを活用し自動的に生成・実行するテスト項目により、評価作業にかかる時間を40%削減

  • 容易なカスタム化
  • ユーザーの要望によって定義可能なセンサーパラメーター、車両ダイナミックモデルとシミュレーション・オブジェクト
  • モジュラー性のあるオープンアーキテクチャーにより、コア・シミュレーション・エンジン、信号出力ジェネレーター、カメラシミュレーターとその他の部品のカスタム化が可能
Image
 

テレマティクステストサービス

コネクテッド、自動化


市場ニーズに対応
規制機関は2020年までにテレマティクス・ユニットを必須化
  • テレマティクスの量産プログラムの経験

  • 車両管理、保険会社、車両の故障予測向けのアプリケーションを提供
  • テレマティクス・ユニット、ADASとその他の車載システムの密接な統合化の確認
  • テストサイクル時間を50%削減するテスト自動化ツール

  • 実際の道路の複雑な用途に対して機能を確認
  • シナリオ作成とテスト自動化のラボ内確認 (セル・ネットワークシミュレーター/ GNSSシミュレーター/ バックエンドサーバー)
  • V2Xアプリケーションの試験用V2Xエミュレーター、C-V2Xエミュレーター
Image
   

連絡先

日本支社

神奈川県川崎市幸区堀川町580
ソリッドスクウェア東館3F

Phone:   044-542-2031


本社

Tata Elxsi Limited
ITPB Road, Whitefield
Bangalore 560048
India

Phone:   +91 80 2297 9123